Beeeeetle blog

Beetleのあれこれ

u15クラブ選手権

4月開幕のクラブ選手権。
力及ばす残念ながら敗退となりました。

大会は選手を成長させてくれます。

選手たちは、失敗こそありましたが、サッカー自体はもちろん、試合への準備や取り組み方など大会を通じて変化が見られました。

大会中、ミーティングを繰り返しながら我々スタッフが手を貸すところと辛抱強く「自発」を待つ部分を分けサポートしました。

表面だけ変わっても残念ながら選手の将来には繋がらない。
だからこそ、自発こそが重要になります。

グランドで変えれる部分と、日常から変えないといけない部分が混在しますが、僅かながら目つきが変わった選手もでてきました。

ユースがある以上、高校年代を見据えその場凌ぎの勝利より遠回りではあるが質を求めないといけない事実はありますが、指導者として自分たちが積み重ねてきたもので1つでも勝ちを味わせたかった悔しさはたまりません。

しかし、この悔しさを明日に繋げるのが我々
の仕事。

力がないわけではなく、なかなか発揮できないという心や責任感の部分も彼らの課題。

今回うまく行かなかった原因を我々も含めて自分自身に矢印を向けることがリスタートになります。

まだまだ旅の途中。

彼らは、意識が変わればびっくりするくらいの変化を遂げます。

その成長を楽しみにぶれることなく、しっかりと向き合いサポートしていきたいと思います。

最後に。ビートルメンバーに最後の最後までアツイ声援を送っていただきました保護者のみなさま。サポーター、ファミリーの皆様。

本当にありがとうございました。

これから先。まだまだ失敗も多々あるかもしれません。しかし明日のゲーム、プレーを楽しみに!ご声援をよろしくお願いいたします。

まだまだ突っ走ります。